読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K's Magazine

『脳・心理・メンタルヘルス』系。和馬の思考ノートです。一応"カズマガジン"と読みます…(;//̀Д/́/ก)w 読んだ方の思考の参考になれば幸いですପ(⑅ˊᵕˋ⑅)ଓ

【4】1-4. 自由に生きるためは『知識・IQ』が必要

論説文

誰がなんと言おうと、あなたの人生はあなたのものだ。だからこそ、自分の人生は自分の思うように選択するべきだ。そしてその選択を自由にするためには、脳をしっかりと働かせる必要がある。そしてある一定量以上の知識やIQ、技術を身につける必要がある。


先の退職の例のように、「裁判沙汰にする」とありえない脅し方をされても、何も知らなければ「裁判」という言葉を聴いただけで怖くなり、しぶしぶその会社で働き続けることになる。実際そういう例はブラック企業で後を絶たないらしい。

僕自身も、ある農家に勤めていたとき、「300万の損失だ。裁判沙汰にしてやる」といわれて、相当ビビりました。結局、「労働基準局」という存在は知っていたため、翌日そこに行きました。そしたら「そんな脅しに乗る必要はありませんよ。大丈夫です」といわれてホッとした経験があります。

もし「労働基準局」という存在を知らなかったとしたら、どうすることもできず脅しに負けて、しぶしぶその職場で今も働き続けていたかもしれない。

なにも知らない、できないままでは、自分の自由に、思い通りに生きることは難しい。

 


このように聞くとあなたは少し不安になるかもしれない。でも大丈夫。誰でも最初は何も知らないし、何もできない。今、すごい結果を出している人も、昔は子供だったし、何も知らなかったし、なにもできなかったのだ。

だから、あせる必要はない。自分のペースで、自分のやりたいことやっていけばいい。そして様々な知識や技術を徐々に身につけていけばいい。好きなことや、楽しいことをやっていれば、自然ともっともっと学びたくなる。そして自然とその範囲が広がってくる。

自然と脳がよく働くようになり、いろいろと新しいことを学びたくなる。なぜなら脳がそのような仕組みでできているからだ。だから心配しなくていい。まずは、自分がやってみたいもの、本当に楽しいと感じることをやってみることだ。

このブログは、フリーフォントとして提供しておられる "M+フォントロゴタイプゴシックGoogleフォント" を使用しています。森下浩二様、フォントな様、Google様、Adobe様、ありがとうございます!